一定期間更新がないため広告を表示しています

内容紹介

鎮守府で繰り広げられるほのぼのどたばたライフ第9巻。期間限定海域出撃! な126話から、その期間限定海域で出会ったIowaが着任な140話までを収録。各話ごとの解説ページを読んでから読み返すと、さらなるおもしろさが! 0.5話シリーズに、描きおろしでおなじみの艦娘お部屋訪問&那珂ちゃんマンガもあります。〈巻末には、底本のカバーや表紙などに掲載されていたイラストを「電子版オマケ」として特別収録!!〉

 

艦これ4コマの9巻目。

新規実装艦とか、限定イベントとかのネタがほとんどかな?

そろそろネタ切れ感がありますが、まぁゲーム本体の方もイベントを続けて投入してないと続かないので、今後は概ねこんな流れなんだろうと思います。

ほうずき市の話みたいに、過去のエピソードと絡めた時事ネタとかはもう少しあってもいいかなと思います。

なんとなく陽炎型の印象が薄かったので、もう少しまんべんなくエピソードがほしいかな。

内容紹介

霞ヶ関にほど近い、私立日比谷小学校5年1組の「大井しいな」は、小学校3年生くらいに見られるのが気になる、ちょっと背の小さな女子小学生。とある理由でお弁当を持ってこない彼女は、授業のある日の昼食は学校近くのご飯屋さんに。
しかし彼女のチョイスはベテランサラリーマンも真っ青。新人サラリーマンやOLだったら躊躇しそうな、渋めのお店にも平気で入ってしまいます。でもたまに大人ぶって失敗することも。
そんなギャップも楽しい、オトナに憧れる、大きくなりたい女のコがオトナにまじって、ひとり飯を楽しむ、ハートフルロンリーランチコミックです。

 

店頭で見かけて気になったので、帰宅してからKindleで購入しました(非道)。

タイトルはアレなんですが、ロンリーめしの略だから仕方ないよね!

ぶっちゃけ小学生女子が昼休みに外食するってシチュエーションがだいぶファンタジーなんですが、一応バックグラウンドは作中で説明されているので理由とか金銭面についてはフォローされてます。

小学生女子が主人公という以外は普通に食レポ漫画なので、色々と読み比べる形になると物足りなさがある感じです。

一応、友達同士で交流あったりもしますが、ちょっと全体的に薄味かな。

店名出しちゃっても良かったんじゃないかと思いますが、そのへんは色々と事情があるんでしょうか。

内容紹介

その戦闘技術と判断力を武器に、若くして近隣にその名を轟かせる冒険者の青年デイル。とある依頼で深い森の中を訪れた彼は、そこでガリガリに痩せ細った幼き魔人族の少女と出逢い、彼女の保護者になる決意をする!

 

うっかり表紙にホイホイされてしましました。

どうやら、なろうで連載されている作品のコミカライズということらしいです。

冒険者・デイルが拾ってきた魔人族の女の子が成長するさまを、周りの大人たちみんなで見守るという流れ。

物語性という意味では子供の成長を見守ってるって言う作りなんで、ラティナを可愛いと思えるか思えないかで両極端な評価になりそうですね。
原作の方も一応読める状態にはしたので、そのうち読み進む感じです。

 

内容紹介

サイリウムが照らす海底で、「死者の秘宝」を巡って大バトル!

国家にその名に轟かせる人蛮混合パーティの次なるステージは、海の底でアイドルポップス!? アンデッドが跋扈する深海で、謎の集団「SUE」との激突が、ヨミノの出生の秘密と黒歴史を暴く――!

 

3巻でひとまずオチがついたのですが、延長戦となった4巻目です。

前巻まではフレーズが話を引っ張っていくキャラクターだったのですが、今回からはヨミノにバトンタッチ。

ヨミノのバックグラウンドを掘り下げていく形でキャンペーンがスタートしています。

冒険の舞台が水中となると、PCたちの戦力に縛りが加わったり、生命活動を維持するために魔法の効果を管理しなくてはいけなくなるので、そのへんのリソースのやりくりが目新しいですね。

ヨミノのキャラクターの掘り下げもなかなか面白くて、今後の展開が楽しみになってます。

内容紹介

ついに姿を現した魔神・オーバードーズの完全復活を阻むため、開拓者たちは”黄昏の大陸”北部、未開の地へと足を踏み入れる。そこで待つ極寒の世界と、封印の祭具を巡る戦いを経て、エミリーらは魔神に挑む!

 

レーゼルドーンの完結編になります。

最後まで畳み掛けるような怒涛のボケツッコミの展開で、大いに笑わせてもらいましたがあんまりシリアスな雰囲気が出ないのが微妙っちゃ微妙。

GMとPLの掛け合いの楽しさが十分に表現されているので、初心者への間口が広がるリプレイだったと思います。

キャンペーン自体はキーアイテムの奪い合いのイメージだったので割とオーソドックスな作りだったとは思います。

ウロボロスがギミック多かったので余計にそう感じるのかもしれませんけど。

面白キャラに関しては今回のほうが確実にツボにハマる感じでした。

トラオムが可愛かったので、他の作品にも出てきてくれるといいのになぁと思ったりしてます。