一定期間更新がないため広告を表示しています

相当長い間積みっぱなしだったのをようやく読んだ。
ライトノベルとしては特別いいところも悪いところも無い感じ。よく言えば安心して読める。
魔術云々の描写に関してはその手の資料をちゃんと確認るっぽいので、一部のラノベにありがちなオレ設定ではなさそう。
いつきの成長物語として読めることを期待してます。

個人的には主人公の秘めた力でイヤボーン……ってのは勘弁して欲しいのでその辺のさじ加減をひとつ。

しかし、既刊16冊はちょっと今から全部追うのはつらいな……。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL