一定期間更新がないため広告を表示しています

映画化で話題になってた……時期が終わったころに購入し、しばらく積んでおいたあと、少しずつ少しずつ読み進めていてようやく読み終わりました(苦笑)。

テーマ的には貧困からくる東南アジアでの搾取について。幼児売春、臓器売買、麻薬の密売もろもろについて語られています。
正直なところ、あんまり感情移入できないままに読み終わってしまった感があります。読むのが細切れすぎたというのもあるけれど、思っていた以上に無関心なままだったということでしょうか。
音羽恵子たちの属する社会福祉センターの活動についてもちょっと冷めた視点で……というかいまひとつ納得いかないまま読んでいたというのもあります。

作品としてはいいと思うんですが一歩引いて読んでしまった感じ?
コメント
コメントする