一定期間更新がないため広告を表示しています

内容紹介

ついに姿を現した魔神・オーバードーズの完全復活を阻むため、開拓者たちは”黄昏の大陸”北部、未開の地へと足を踏み入れる。そこで待つ極寒の世界と、封印の祭具を巡る戦いを経て、エミリーらは魔神に挑む!

 

レーゼルドーンの完結編になります。

最後まで畳み掛けるような怒涛のボケツッコミの展開で、大いに笑わせてもらいましたがあんまりシリアスな雰囲気が出ないのが微妙っちゃ微妙。

GMとPLの掛け合いの楽しさが十分に表現されているので、初心者への間口が広がるリプレイだったと思います。

キャンペーン自体はキーアイテムの奪い合いのイメージだったので割とオーソドックスな作りだったとは思います。

ウロボロスがギミック多かったので余計にそう感じるのかもしれませんけど。

面白キャラに関しては今回のほうが確実にツボにハマる感じでした。

トラオムが可愛かったので、他の作品にも出てきてくれるといいのになぁと思ったりしてます。

 

コメント
コメントする