一定期間更新がないため広告を表示しています

内容(「BOOK」データベースより)

桜咲く四月。またも王子稲荷神社のお力か、無事高校三年生に進級できた瞬太。仲間達はそれぞれ大学受験を考えるなか、卒業もあやしい瞬太の将来の予定は真っ白。最近周囲との成長の違いも気になっていて…。また、葛城から陰陽屋に依頼されていた捜し人の月村颯子の登場により、瞬太の母親についての情報が次第に明らかに。瞬太と母との対面は近い―?悩める妖狐高校生と胡散臭いイケメン陰陽師、へっぽこコンビの人気シリーズ第9弾!

 

瞬太もなんとか3年生に進級したものの、やっぱり勉学に身が入らない日常を過ごしています。

そんな中、瞬太の生みの母親の可能性が高いと思われる、呉羽という女性の足取りを探すことに。

……という、シリーズとしての目的とは別に、学校生活やらご近所やら親戚やらの小さな事件が色々と発生します。

正直今回は、そのあたりの事件に関して横のつながりが希薄で、あまりまとまりが感じられないように思いました。

探し人が見つかるまでにまるまる1冊引っ張ってしまったせいかもしれません。

次と上下巻というような構成なのかもしれませんが、そうなら新刊のスパンが早ければいいのになぁと思っております。

コメント
コメントする