一定期間更新がないため広告を表示しています

内容(「BOOK」データベースより)

仇敵チャンダーと対峙したガリオンは「燃えろ!」の言葉とともにその恐るべき力を目覚めさせた。しかしそれは、制御できなければみずからをも滅ぼしかねない危険な力であった…。心の内に住まう声が明かす、重大な使命にとまどうガリオン。一方「珠」をめぐる一行の旅は、亡霊の国マラゴー、魔術師ベルガラスの育った「谷」、洞窟の民ウルゴの聖地プロルグを経て、ついに邪神トラクの高僧が待つクトル・マーゴスに至る。

 

一応、一定のペースで読んでいるつもりだけど、なかなか読むのに時間がかかってます。

こ会はマラゴーからアルガリアを通り、ウルゴランド、クトルマーゴスへと旅をします。

新しくレルグを仲間にしたり、何人かの仲間と別れたりと割と入れ替わりがある巻になります。

敵側のキャラクターも数人が退場しますし、珠をめぐるやり取りも大きく動くことになりました。

名前は何度も出てきてたのに実際に戦うとなるとあっさり……という人もいたり。

あと2冊あるのでまだまだ二転三転はありそうですね。

コメント
コメントする