一定期間更新がないため広告を表示しています

職場で会議に呼ばれることが増えて、経理関係の用語について知っといたほうがいいだろうと思った次第。さすがにいつまでものんべんだらりと従業員やってるだけじゃダメかなーと。
そんなわけでわかりやすそうな本を選んでみた。イラスト入りでワンポイントの解説入っているなどして簿記の概要はわかったと思う。
実際に簿記を取るのを目標に勉強すればもっと分かってくると思う。逆に言うと実際に手を動かして勉強しないと表面しかわからないままだろうなぁ。
貸方とか借方とか勘定科目とか、いい年なのによく判ってなかったあたりも解説があるので大雑把にわかった気がする。折を見て何度か読み返すつもり。
簿記を高校で必修してる商業科の人なんかは、頭の柔らかい若い頃に勉強出来てて羨ましいなーと思った。
コメント
商業簿記は極論すると仕訳と決算、それだけです。3級はすぐとれるので少し頑張ってみるのはありかもですよ。
  • by けー(yek)
  • 2015/05/10 7:46 PM
お久しぶりです。
youtubeなんかでも講座動画ちょろちょろありますよね。
あのへん見て概要掴んだら、しばらく練習問題こなせば取れそうな気はしますね。
やっぱり経理関連の知識は持ってたほうが良さそうですし。
  • by P太
  • 2015/05/11 7:08 PM
コメントする