一定期間更新がないため広告を表示しています

職場で使っていたワイヤレスマウスLOGICOOL M310tが不調になったので購入。
不調で我慢ならなくなったのはホイールクリックが効かなくなったせい。
具体的に言うと、マウスでAutoCADのPAN操作ができなくなった。生産性がだいぶ落ちるのでこりゃアカンと。
M310tは自宅でノートに繋いで使うにはいいんだけど、職場でデスクトップに繋ぐと設置場所の関係もあって、PCが左手・マウスが右手に配置されて自分の体が遮蔽になるのか感度が悪かった。
ということで今度は有線にしてみた。 各種クリック感はM310tと大差なし。
ボディは前後方向にちょっと長く、手のひらに当たるアーチがやや低めの感覚。 全体的に乗り換えに問題はなく、違和感も感じない。
ゲーム用ということでスイッチもそれなりに耐久度見てるだろうというのもCAD向きかなという気はする。
廉価機種なのでマクロボタンがあったりするわけではないので、そのへんの機能が欲しい人はもう少し上位の機種を検討するのが良いでしょう。
なんか知らんがいろいろとAmazonを徘徊しているうちに何故かカートの中に鎮座ましましていたのをそのまま購入。
基本的にNexus7(2012)の置き換えでお絵かき用途に使えるといいなーと思いながらダメ元で購入してみたんですが、割りと駄目な感じでしたw
とりあえず、Amazonのアプリストアからも入手可能なメディバンペイントとスケッチブックを試してみた画像を貼っておきます。

apkで直接入れたアプリもあり
MediBang Paint

SketchBook

デジタイザの解像度が多分だいぶ荒いのか、線がジグザグにぶれたり、直線を引いたら破線になったりとお絵かきは苦行です。
メディバンでいうと手ぶれ補正4にするとそれなりに引ける感じですが、書き出しはやっぱりダメ。
プリンストンのPIP-TP2B、Jot Capacitive Touch Stylus、アクティブスタイラス PSA-TPA2、ワコムのBamboo Stylus soloあたりを試してみたんですが、どれもあんまり代わり映えしません。一番うまく線を引けたのは自分の人差し指でした(笑)。
なるべく拡大して、シュッと引くと割とまともな線が引けると思います。
Nexus7(2012)のほうがだいぶマシですね。

読書用途に関しては問題なし。
まだ試してませんけど、USB経由やMicroSDカードで自炊のPDFとか取り込めるっぽいですし、ダメならダメでスマホからapk取ってこれます。
何故か衝動的にフィットネスグッズを購入した。
普段、運動できてないなーと感じているけれど、実際あとどのくらい運動すればいいのかわからないよなぁと思って、歩数の計測とか、睡眠のクオリティを測るために購入してみました。
まだ使い始めたばっかりなので歩数を見て、ほうほう言ってるレベルなんですがw
歩数は1日7500歩をターゲットに自動設定されたんですが、この金曜土曜に計測してみた感じだと現場仕事してたら1万2千歩くらいは歩いてましたね。
健康のために1日1万歩とか聞いたことがあるんで、現場作業に入ってる間はそれなりに動いてるんだなぁと。
思ってたのの倍以上動いてたのでちょっとびっくりです。やっぱり実際に測ってみないと自覚してないことは多いですね。
あと、睡眠中の眠りの深さとかどのくらいゴロゴロ寝返りしてるのかとかも見えて楽しい。
この端末では計測できませんが、階段の上下動とか測れる端末もあるんですよねー。
1時間動かない状態だと、ピピッって電子音で動けやコラとか注意してくれたりもします。
電池は約1年間持つようですが、シンクロが多いともっと短くなるかもしれません。市販のリチウム電池なので交換も簡単そうです。
飽きずに1年間使えるようならグレードアップしてvivoactiveとかに買い換えてもいいかなーというくらいには思ってます。

年末進行を頑張ったので来月の実入りに期待しつつ、Amazonのタイムセールで安かったタイミングで購入。
昨日取り付けて、今日実走してみました。

ぶっちゃけ思ってたより大きいなーというのが第一印象なのですが、運転席側から見てバックミラーの影になるように取り付けたので、7割がたは隠れてるかなという感じ。
まだ日中の走行しかしてませんが、1分間で画面消灯になるように設定したので夜でもまぁ気にならないと思います。
画質はまぁYoutubeで動画もあるので期待通りというかサンプル通りというか。割りと近くまでよらないとナンバー読み取るのは難しいかなぁ。まぁ、車種と色とナンバーの大体の見当が付けば警察が頑張るだろうから、いざというときは大丈夫かなと。
過大な期待はやめたほうがいいと思います。
一人で走ってたので会話をどのくらい拾うかはわかりませんけど、オーディオのボーカルは聞こえるけど聞き取れない感じですね。
実走した動画を確認してみると結構ノイズというかブラケット周りのガタガタ音を拾うので、ドライブ風景の動画にするにはちょっと残念な感じもします。吸盤タイプを購入しましたが、粘着タイプだと違ってくるかもしれません。
粘着タイプを買って、3Mの面ファスナーとかで固定するのはどうだろう。とか思ったりもしてます。

過大な期待をしなければいざというときの役には立ちそうです。

あと、同時にシガーソケットの3口用買ってみましたけど、思ったよりでかくて置き場所に往生した。2口で良かったかなー。
電圧電流の確認ができるのと、復帰型のヒューズになってるのはいい仕様。


Youtubeで再エンコかけられてますが、直接抜き出した動画はもう少し解像感あります。
2年前に購入し、車載で使っていたJ-ForceのJF-BTFMAXKがしばしば音飛びを発生するのに嫌気がさしたのでTAXANのMEO-SUND-BTFMWBに買い換えてみました。
症状としては再生中にランダムに1秒ずつ音がでないタイミングがあったり、トラックが切り替わった頭の1秒が無音だったり。多分BT側の接続かな。

音源はiPod touch 4th MC544J/AのポッドキャストとかiTunesのAAC・MP3です。
そこからBTレシーバー/FMトランスミッタの本機を経由して、車載オーディオのFMで受信する形。

以前使っていたJ-ForceはAACやaptに対応した上位機だったんで、音そのものはTAXANより良かったと思います。TAXANはざらついているというか粒度が大きい感じ。
新刊ラジオとか聞くドラとか音声中心のコンテンツだと気にはなりませんが、iTunesの音楽とか聞くと違いがはっきりわかるレベルです。
ただ、買い替えのきっかけになった音飛びに関しては(まだ3日しか使ってないですが)今のところありません。
あと、出力はTAXANのほうが大きい音量で出ますね。普通のFMラジオが音量10のところ、J-Forceは14-15、TAXANは5-6くらいがちょうどいい感じ。

いずれにしても、どちらのメーカーの物も個体差が大きそうだなぁという品質に思えるので、たまたま入手した端末が、音飛びしやすかったり音がざらついたり音量が大きかったりしてる可能性は否定出来ないw

あっと、大事なことを書き忘れてたので最後ですが書いておきます。
J-ForceのJF-BTFMAXKはエンジンONした時に自動でBTを再接続しiPodTouchのミュージックアプリが自動再生しますが、TAXANのMEO-SUND-BTFMWBはBT再接続までで自動再生しません。再生は手動になります。
使い勝手が悪くなるかと思ったんですが、車載のソースをCDに切り替えてあってもバックグラウンドでiPodが再生してたっていう事態は起きなくなります。
どちらにもメリット・デメリットはあるかと。
iOSではなくAndroidで使うのならBT接続時に自動再生の設定があるプレイヤーもあるので(PowerAMPとかRocketPlayerとか)ソフト側で設定できると思います。まだ試してないですが。

2015/09/12 PowerAMPで問題なくエンジンと連動して自動再生、自動停止するのを確認しました。(より厳密に言うならシガーの電源と連動して。かな)